翻訳を利用して論文を読み解く~ローカライズの必要性~

論文を作成しよう

論文を外国語に翻訳するために翻訳会社を利用することも可能です。

海外の学会や紙面で論文を発表する際は、日本語ではなく外国語で論文作成をしなければなりません。母国語並みに外国語を流暢に操れる人は別として、多くの場合日本語で作成した論文を外国語に翻訳する作業を行っていると思われます。翻訳作業をするためには、単に外国語ができるだけでなく、自身の専門分野を外国語で理解し発信できる能力が必要です。その分野で使用されている専門用語や慣用を熟知している必要があるからです。しかしそのような能力を持ち合わせていなくても、翻訳会社を利用して論文の翻訳を完成させることも可能です。多くの翻訳会社では、様々な言語のスペシャリストを専門分野ごとに細分化しており、翻訳依頼に対し最も的確な翻訳者が作業をしてくれることでしょう。

翻訳の仕上がりは非常に完成度が高いです。

論文では、誤訳やケアレスミス等があってはいけませんし、文章のスタイルや専門用語等の統一も適切になされていなければならないので、この類の翻訳作業は非常に気を使う作業です。翻訳会社では、複数のチェッカーや校正者等が翻訳者の仕上げた翻訳に対し何重にもチェックをしてくれるため、この時点でミスや不適切な表現等は全て抽出され、最終的に完璧に近い翻訳文を仕上げてくれるシステムになっているのです。翻訳会社によって得意分野や得意言語がある程度決まっていますので、初めて翻訳会社を利用する際はホームページ等でその会社の得意とする分野やサポート体制、料金レート等を確認した上で、複数の会社を比較検討し自分に最も合った翻訳会社を選択するようにしましょう。