翻訳を利用して論文を読み解く~ローカライズの必要性~

サービスの活用

翻訳サービスについて

ここのところインターネットを使った翻訳サービスが流行しています。これまでの翻訳サービスと言えば、検索エンジンなどが提供する簡易的なものが主流でした。しかしながら最近では、インターネットサイトにて翻訳者と発注者を仲介するサービスが誕生しています。例えば、専門用語がたくさん登場し読むことが難しい医学論文でも、その分野を得意とする翻訳家に依頼することが可能なのです。これまでは、インターネットの翻訳サービスで医学論文を翻訳しようとすると、日本語として読むことのできない文章になってしまうことが多くありました。しかしながら、最近流行のインターネットの翻訳サービスを使うことによって人力での翻訳が可能となったのです。

注意すべき点について

インターネットの翻訳サービスを使って医学論文の翻訳を依頼する際に注意すべき点があります。それは受注する側のレベルを測ることがなかなか難しいことです。サイトには受注者の実力などを示したプロフィールページが掲載されています。また、その受注者にこれまで依頼したことのある人のレビュー等がありますので、それらを参考にしてください。たとえば、医学論文を経験したことがあるかどうかはそのプロフィールページを見ればわかるのです。このように、あらゆる情報を収集し、医学論文としてのクオリティーを保てるかどうかを判断するようにしてください。品質を保つためには、受注者がどのようなレベルにあるのかをよく知る必要があるのです。